ららぽーと立川立飛 2015年秋オープンへ

スポンサーリンク




かねてから計画のあった大型SC「ららぽーと立川立飛」の

計画概要がいよいよ発表されたようだ。

ららぽーと立川立飛は、東京都立川市に三井不動産が

計画していた大型商業施設だ。

 

 

完成予想図を見てみたが、なかなか近代的なSCである。

モノレール駅からは、連絡橋で接続されており、

平面駐車場も多く確保されている。

テナント数は240店舗ほど入るようで、

東京多摩地区では最大級のSCになる。

 

 

ここ数年、立川市は多くの大型商業施設がオープンしている。

まだ記憶に新しいのは、IKEA立川だ。

東京都内初のIKEAとあって、連日周辺道路は大渋滞した。

今は、落ち着いたものの、平日にも関わらず、

多くの集客を見せている。

 

 

改めて立川市の商業集客力にビックリした。

ららぽーとがオープンし、都心にあるようなテナントが

出店すれば、買い物客を立川市内で留まらせることが出来るのだ。

 

 

あとは、立川駅前にあるルミネや伊勢丹などとの共存だ。

地方都市では、郊外に大型商業施設がオープンした途端、

駅前の商業施設が廃れる例が多くある。

立川駅の場合、多くの乗降客数があるため、

駅前が廃れることは考えにくいが、売上に多少の影響は出るだろう。

 

 

立川にはコストコも出来るのか?

さらに、立川市には会員制倉庫型ディスカウントストアの

コストコが出来るという噂もある。

筆者が調査した限り、コストコはららぽーと近隣に出店するという

噂話が挙がっているものの、正式なアナウンスはされていない。

 

 

立川市には、これからも大型商業施設が

進出されることが予想される。

 

 

立川には、まだ残された土地がたくさんあるという事だ。

しかし、喜ばしいことばかりではない。

東京も40年後には、超高齢化社会を迎える。

立川市などは、都心のベッドタウンとして栄えた街である。

 

 

高齢者にとって、郊外は住みやすい環境とは言えない。

どうしても車が必要になってくるからだ。

ららぽーと、IKEA、コストコ、、、

何れのお店も車での来店がメインとなるだろう。




スポンサーリンク

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 
 

プロフィール


商業施設好きの中年ブログ侍です。

日本国内でオープンするショッピングセンター、家電量販店、スーパーマーケットなどの情報を更新していきます。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報

スポンサーリンク

カテゴリ一覧

サイト内検索

ページの先頭へ