イオンモール京都桂川 開業初日の混雑状況

スポンサーリンク



京都市のイオンモール京都桂川が開業しましたね。

今日、10月10日がプレオープン初日ということで、

一般人が初めて店内に入ることが出来ました。

 

 

私の高校時代の友人が京都府洛陽市という所に居るのですが、

早速、京都桂川のイオンに行ってきたとの報告を受けました。

商業施設マニアの私にとっては羨ましい限りだ。

 

 

午後3時ぐらいにイオンモール京都桂川に入ったそうですが、

店内は思っていたより混雑していなかった様子です。

これなら、お正月の三が日の方が混雑している感じだったそうです。

夕方からは、地元の高校生の姿も多く見られたそうです。

 

 

店内の写真も見せて貰ったが、

全然普通に買い物が出来るレベルだった。

早くもお客さんが多く入っているお店と、

全く入っていないお店がわかれている。

 

 

筆者的には、今回オープンするイオンモール京都桂川よりも

滋賀県にリニューアルオープンする「ピエリ守山」の方が

気になるところだ。

なぜなら、入居するテナントが凄いのだ。

 

 

GAP、H&M、ZARA、、、、一流ブランドがずらり。。

あの廃虚と言われたショッピングモールが、

これほどのテナントを揃えてきたのだ。

一方のイオンモール京都桂川は、テナント数こそ多いものの、

真新しいテナントが少ない気がする。

 

 

イオンモール京都桂川のテナントの中で、

気になったのは、近畿初出店の「クオカ」だ。

 

クオカは、キッチン雑貨やお菓子材料を専門に扱うショップだ。

店内に入ればわかるが、普通の雑貨屋さんとは、

全然売っているものが違う。

例えば、パン粉だけでも色々な種類のものを売っているのだ。

ちょっと割高だが、思わず色々買ってしまう。

 

 

多くのショッピングモールが乱立する中、

他店の差別化が重要。

最近は、「また同じようなSCか。。」と思う所が多い気がする。



スポンサーリンク
 

プロフィール


商業施設好きの中年ブログ侍です。

日本国内でオープンするショッピングセンター、家電量販店、スーパーマーケットなどの情報を更新していきます。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報
 

スポンサーリンク

カテゴリ一覧

サイト内検索

ページの先頭へ